スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキ解説:ランプドルイド(ハースストーン)

最近はDM、HS、ドレノみたいな感じです。
レコードをなにとぞよろしく。

・デッキリスト
インナーヴェイト 2
ワイルドグロース 2
ラス 2
BGH 2
シェードオブナクスラマス 1
スパイダータンク 1
スワイプ 2
キーパーオブザグローブ 2
シュレッダー 2
アズールドレイク 1
ドルイドクルー 2
ベルチャー 2
エンペラー 1
シルヴァナス 1
エンシェントロア 2
エンシェントウォー 1
ドクターブーム 1
ケルサザード 1


・概説
スゲェよくあるランプです。
元々はコンボドルイド使ってたんですが、場のミニオンがいない時にサベージロアいっぱい引いて死ぬパターンと、ロアがないのにFoNだけ握ってぼけーっと突っ立ってるパターンがあったのでやめました。辞めたきっかけはランプドルイドにタコられたことです。同ヒーローに負けるデッキはアカンですよ。

というわけで全体的にデッキを組み換え。そもそもクリスタルブーストを持ってるのがドルイドだけなので、強みを生かすべくランプ・・・まあビッグマナですね、そういうデッキにしました。
ドルイドのもう一つの特徴として、紐づけられているカードに選択肢があること。「Choose One」みたいな書き出しのカードが多いんですね。なので、状況に応じてミニオンを後出しすればいい。ま、後手に回ると不利なゲームではあるんですが、始めたばかりの人間にとって優しいデッキだと思います。

・マリガン
ロアやブームなどの大型は原則キープしない。ただし、7コスミニオンはインヴェがあればキープしてもいいです。
絶対キープすべきなのはワイグロ、インヴェ、ラス、タンク、シェード。スワイプは、ローグなどの1/1をばらまいてきそうな相手にだけキープしましょう。1:1交換に使うぐらいならミニオン出した方が強いです。

メック系のデッキにビートダウンされるとそのまま盤面の主導権を握られて死ぬことがあるため、3コス以下のカードは絶対に欲しいところ。インヴェがない場合、5コス以上のカードは流していった方が良いでしょう。

・各カード解説
スワイプ
 インプギャングボスを1枚で処理できる優れもの。

シェード、タンク
 タンクと1:1にした理由は、経験上としか言いようがないっす。偏らせると弱いんですよねぇ。
これは理論的な説明ができないので、聞かないでください!w

BGH
 2枚入れているのは、ブーム対策。ブームは本当に強くて、出して処理されずにターンが返れば概ね勝ちます。逆に言うと、出された場合は何が何でも処理する必要があるということ。1tの遅れも許されないため、BGHは絶対2枚だと思っています。
ただ、あくまで自分の見ている環境であって、ウォリコンやフェイスハンターが多い上位卓では違うんでしょうね。自分の位置にあった選択ということで。

グローブ
 サイレンスor2ダメの万能ミニオン。おまけでついてくるサイレンスは本当に強いんですよ。梟なんか使ってる場合じゃない。
サイレンスでデスラトルを止めたりパンプを解除したり、これ1枚で大概のミニオンは抑えられます。

シュレッダー
 コンボドルイド時代は1にしてたんですが、サベージを抜いたので2枚に。
ベルチャーと一緒で打点を分割できる点が強いんですよね。アタックでこいつを壊すためには、デスラトル込みで最低2回のアタックが必要です。その分ライフを守ることが出来ます。

ドレイク
 ぶっちゃけいらなくね枠。1ドローがついているおかげでなんとなーく出す枠として最適なんですけどね。
スペルダメ+1のテキストも稀に役立ちます。

クルー
 ほぼトーントとしてしか出ませんが、5/4/6トーントはもうそれだけで優秀。一撃で落ちることはほとんどありません。

エンペラー
 インヴェ+ロア→エンペラーの流れが美しい。ハンドのカード全てのコストを下げるので、インヴェ以上に強いってことになります。

シルヴァナス
 抜けたり入ったりする枠。僕は最初あまりうまく扱えず、今も自信がないのですが…困ったことにこいつでしか処理できない盤面があるのです。
相手ミニオンが1体の際にトーント+シルヴァナス、という並べ方をすると、相手はものすごく困ります。
シルヴァナスの最も良い処理方法は、自分の盤面にミニオンが残らないようにシルヴァナスを殺すこと。要するに自分のミニオンをシルヴァナスへ全凸させ、相打ちを取ればいいのです。
でもトーントがいるとそうできない。除去札を持ってないとつらいでしょう。

ウォー
 7/5/10トーントはさすがに強い、ということで1枚投入。アドバンテージは取れませんが、ビートダウンに対して絶大な耐性を誇ります。プリのアタック5以上のミニオンを破壊するスペルの対象にもなるので、ケルサザードやブームのような本命を通しやすくなるのもGooD。

ケルサザード
 ドルイド専用のレジェと迷ったのですが、盤面こそ正義という思考の元こいつを採用。
相手はケルサザードの存在なんて意識しないので、こいつを出して相打ち→復活というコンボを決めると投了してくれます。
上位卓に行くと、ドルイドレジェを使うようになるんですかねー。


・成績
概ね何にでも勝てるし負けるという感じ。ミスさえしなければきっと相手のミスに付け込んで勝てるでしょう。
特にBGH2枚とケルサザードはあまり予想されないようなので、この2種を投げて勝つことが多くあります。

HSをプレイする際に意識すべきなのは、常に盤面を制圧し続けること。弱いミニオンだからまあいいでしょ・・・と無視してフェイスを続けたら、弱かったはずのミニオンが急にパンプされて襲い掛かってきた!なんてよくある話です。
相手に反撃を許さないよう、徹底して盤面は潰しておきましょう。
スポンサーサイト

テーマ : スマートフォンゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犯人はヤス

Author:犯人はヤス
TCGが好きです。

検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。