スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【赤青緑】ランデスサイクリカ

世の中には様々なプレイヤーがいらっしゃいますが、「あなたは誰が一番すごいと思う?」と聞かれたら、僕は真っ先に紅茶を挙げるでしょう。
彼は説明するのがとても上手なんです。社会人になってから学生時代よりも可処分時間が減ってしまった僕にはとてもありがたい存在です。
上手な説明は見習わなければいけないっすね。

○リスト

ミツルギ 2
VAN 2
戦慄ベートーベン 2
永遠リュウセイ 2
サイクリカ 4
パクリオ 4
モエルスナイパー 1

セブンス・タワー 1
吸い込む 4
焦土 4
マナクラ 1
ライフ 4
ピクシー・ライフ 4
エナジー・ホール 2
ミサイル・バーストG 3


○経緯

元々ランデスは我が家のが長い間取り組んできた分野で、最初はサイクリカランデスを一に組んでもらうつもりでした。
しかし当人がこだわりゆえにサイクリカの使用を拒み、なら自分で使うかと作成に至った次第です。

基盤は一の4Cランデスを引き継ぎました。エナジー・ホール(パンツァー)なんかがそうです。
最初はウェディングをフィニッシャーとして投入するつもりだったのですが、紅茶が「ウェディングは遅くてフィニッシュに向かない、それより戦慄はどうだろうか」とツイートしていたため物は試しと戦慄を採用。
ミラーやキューブなど幅広く対応可能なVANも同時に採用しました。

VANを出された場合にウェディングは大変有効なカードとして働くと思いますが、それ以外の場面では今一つのように感じます。
もう少し、メタゲームが動いてから使うカードではないでしょうか。

そして実際にDRで使用してみたのですが、なんとヴォルグの当たり所が悪くて敗北。
焦土をサイクリカで使いまわす関係上山札は薄くなる傾向にありましたが、なんだかんだクリーチャーは17枚入っています。まさかヴォルグをきっかけに負けるとは・・・。
結局パクリオを入れるのに刃鬼もダイハードもないというちぐはぐさがもろに出てしまった感じだったので、戦慄は黒入りで試すべきかなと思いました。
戦慄自体はとてもいいカードでした!墓地からVANなんかも拾えてしまうのは、刃鬼やウェディングにない利点です。


○カードごとの解説
・ミツルギ
ヒビキや勝利リュウセイなど、厄介なミドル層のクリーチャーを焼きつつマナを延ばすことができます。
ドラゴンなので戦慄で拾えますし、場に残らないため神殿で狙い打たれることもありません。

・VAN
ドラゴン・サーガの真っただ中で氾濫するドラゴンをこれ1枚で止めることができます。
ただ11コストなので、簡単には出せないなという印象でした。
焦土→サイクリカ焦土→焦土、という流れが決まればいいのですが、なかなかそうもいかず。1枚でも特に問題ないなという感じでした。

・戦慄
ドラゴンを拾いつつ、相手の攻撃を受け止められる万能フィニッシャー。
3枚回収テキストは強制なのでマナが増えることはそんなにありませんが、墓地からも拾えるのはありがたい限りです。
またタップインできるため、最近流行しているデス・ゲートにも耐性があったり。
パクリオで盾に送られると困るため、ピクシーで回収できるようマナに埋めておくのが安全です。

・永遠リュウセイ
グレンモルト系列のデッキに圧倒的な強さを誇るカード。黒いホールの採用率は高くないため、地獄門警戒で出したターンから殴った方がいいでしょう。
解体やトリプルマウスの飛び交う昨今では、意図的にブーストで手札を減らしておくと早出し出来ることがあります。

・サイクリカ
焦土、エナジー・ホール、ピクシー・ライフ。本当になんにでもなれるものすごく便利なカードです。超次元の逆みたいな感じ。
使い道はほかにもいろいろありそうっすよね。めっちゃ探してます。

・パクリオ
相手の弾丸リュウセイを抜いておかないとそもそもゲームにならないので投入。
しかし、ここを解体に差し替えて4Cにした方がよさそうですね。

・モエルスナイパー、ミサイルバースト
ヒビキその他用火力。トリガーでもあります。
勝利リュウセイまで倒したいので、バーストを3に。

・セブンス、ライフ2種
ヒビキはそうそういないだろうということにして、ジャスミンは抜き。
ヒビキ、自分の展開につながるわけでもないので難しいんですよね。前の環境だと1tの遅れがそのまま敗北に直結していたんですけど、今はそうでもありません。このデッキでも、ブースをを引いていなくても勝つ場合があります。
ですから、ヒビキは劇的に強いカードっていうわけじゃあない。待って、クリーチャーで処理すればいいんです。

・吸い込む
焦土を探せるトリガー除去ということで投入。シャワーは2枚しか見れませんし、吸い込むの方が優秀ということで。

・焦土、マナクラ
焦土は必ず自分の山を削るので、マナクラも1枚投入。
同系対決で一番困るカードですよね、焦土。ブーストパクリオ焦土と食らってしまうとその後の立て直しが難しい。
結局先出しVANが何ともならないので、VANが増えそうならやはりウェディングを入れるか、黒入りにしてガンヴィート・ブラスターかというところです。

・エナジー・ホール
一が愛用しているドローソース。
使っても手札が減らないのは大変優秀ですね。初期のホールはどれも万能なので大好きです。


○総括

戦慄メインにするなら黒かな、と感じました。ウェディングよりはかなり良いですけれど。
また山切れが怖いので、ゲームスピードを速めるプランがほしいところです。戦慄出して永遠拾って次のターンに投げて・・・というのではちょっと遅くって。
エクスガラムタセットの投入を勘考します。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : デュエルマスターズ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犯人はヤス

Author:犯人はヤス
TCGが好きです。

検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。