スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンラインペアリング(?)の導入

オンラインペアリングと言っていいかどうかは定かでありません。



○仮想プリンタの導入
1.
http://www.bullzip.com/
からPDF PrinterよりBullzipをDL。

2.
http://gigazine.net/news/20080116_bullzip_pdf_printer/
に従ってインストール。

2番目の手順は少々古いものですが、インストール手順に関してはさほど変わっていません。
この仮想プリンタ、手順中ではPDFを出力してくれるものとして紹介されていますが、実はJPEGも出せちゃいます。
ただ困ったことにページナンバーごとに指定して印刷ボタンを押してやらないと出力してくれません。全体を出す方法はわからなんだっす。
後に述べるように、1枚目の印刷にしか使わないので大丈夫だと思いますが。


○JPEG出力
スタート→デバイスとプリンタからデフォルトのプリンタを先ほどインストールしたBullzipへ変更しましょう。エクセルファイルを印刷する場合は、印刷メニューからプリンタを変更しても大丈夫です。A4横推奨。
こいつは仮想プリンタなので、実際にプリンタをつなぐ必要はありません。

プリンタをBullzipへ変更したのち、印刷ボタンを押すとBullzipが印刷形式を聞いてきます。ここでPDFではなくJPEGを選びましょう。


○アップロード
この手順を踏めば、ペアリングシートが画像ファイルとして出力されているはずです。
画像ファイルをペイントで開き、余白の部分を削り取りましょう。処理した後のファイルをツイッターにアップロードして呟けばオンラインペアリングっぽいものの完成です!

ただ残念なことに、あまり縦長だったり横長のファイルをアップロードするととても見づらいです。いろいろ試したんですが、ツイッターの制約によるもののようなので、今のところA4横で印刷してから余白を削除する方法が一番適切だと思います。

これは1枚の画像に詰め込める情報量の限界があることを意味します。僕のツールで250人スイスドローのペアリングを画像として出力したところ、4枚分になってしまいました。いくらオンラインとはいえ、4枚の画像から自分の名前を探すのは手間ですよね。張り出されているものを見た方が早いといえば早いです。50音ソートしているので、1度自分の場所を覚えてしまえば次からは楽なんですけれど。
そういうわけで、チーム戦のようなペアリングが1枚に収まる形式でないと使いづらいんではないかと感じました。

理想はきっと、会場にポケットWi-Fiなりテザリング可能な端末なりを持ち込んで、HTMLで成形したペアリングを公式ブログに貼り付けることです。
欲を言えば、卓番号と対戦相手を登録メールアドレスに送りたいところですが・・・不可能ではないでしょうけれど、やったことがない分野なので要検討。
ペアリングシートのHTML整形については、実際にやるのであればツール側で対応しようと思ってます。

やるならツールのペアリングシートも手を加えた方がいいっすね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : デュエルマスターズ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犯人はヤス

Author:犯人はヤス
TCGが好きです。

検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。