スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【青黒緑】ヴォイドブルー

青・・スペルブルー、アドラク
黒・・リアリティ・ヴォイド、魔天降臨
緑(青)・・プロメテウス、シャワー

・リスト
エナジー・ライト 2
ドンドン吸い込むナウ 2
解体人形ジェニー 4
霞み妖精ジャスミン 4
地獄門デス・ゲート 3
飛散する斧 プロメテウス 4
蒼神龍スペル・グレートブルー 3
封魔アドラク 4
フェアリー・シャワー 4
フェアリー・ライフ 4
魔天降臨 1
リアリティ・ヴォイド 4


・目標

グレートブルーを設置後、アドラクで魔天をデッキトップに載せてヴォイドを唱え、ブルーで魔天を発動。


・解説

シャワー、プロメテウスの青緑基盤を使ったヴォイド魔天です。他に青黒、青白黒を試しましたが青黒緑が一番安定しました。
緑が入っていなかった時はブレイン・チャージャーを使っていましたが、緑の投入に伴ってシャワーへ差し替え。
エナジー・ライトと吸い込むナウは迷いましたが、2コストのカードが8枚しか入っていなかったので2:2の配分に。
3ターン目までに10枚入れたカードを1枚以上引ける確率は大凡9割になるので、スタートカードとして3コスト以下のカードが最低10枚ほしかったからです。

仮に2コストブーストを使った2ターンスタートをしようとすると、9割の確率で2ターンスタートするためには12枚の2コストカードが必要だったため3ターンスタートを選択しました。
限界効用逓減の法則によれば同じカードを投入し続けるとその効用は次第に落ちていくため、同じカードを12枚も投入したところで効果があるとは思えないのです。

9割を重視するのは0.9^5が0.59であるため。予選で5ゲームすることを考えると、やはり2大会に1回はきっちり引くべきものを引いてほしいので。
5ゲーム程度で確率が収束するものかという意見もありますが、年間を通して多くの大会に出るのであれば、基盤となるカードを引ける確率は意識すべきだと思います。数ゲームでは確率が収束しないのなら、収束するぐらい多く大会に出てゲームをプレイすればいいんです。

今の青緑の基盤はとても強いので、ここに色を足していくとどんなデッキでも概ね動いてくれそうでとても助かりますね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : デュエルマスターズ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

犯人はヤス

Author:犯人はヤス
TCGが好きです。

検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。